個人で行うクレジットカード現金化にリスクはあるのか

インターネットを見ると、クレジットカードの現金化に関する記事がかなり増えました。もちろん、業者に関するものも増えましたが、クレジットカード現金化を個人でやる方法についても、記事が増えています。
これみて、自分でやってみようと思う人もでてくるはずです。その前にリスクについても知っておきましょう。

クレジットカード現金化は危ない?

リスクということは危ないことがあるのでしょうか。気になってくるでしょう。
時々ニュースなどでクレジットカード現金化のことが取り上げられます。もちろん捕まったとかではありませんが、ふと法律違反を考えてしまいませんか。
確かにお金のやり取りが起きますし、業者も胡散臭く思うこともあるでしょう。

でも安心してください。法律に関しての違反はありません。利用したからといって捕まることもありません。
グレーゾーンとか言われますが、あまり気にせずに業者はもちろん、個人でやってみてもいいのです。

別のリスクがあるので要注意

その他のリスクとして、実はクレジットカード会社の利用規約違反があります。クレジットカード会社では、転売目的のクレジットカードによる購入は禁止しています。
クレジットカード現金化もこれに当てはまると見なされて、クレジットカードを利用停止にすることがあるのです。しかし、本人が否定しても時には購入履歴から、確認もなしに行うケースもあるのです。

また、借金があるとき解決法として、自己破産があります。ところがクレジットカード現金化をしてる人が自己破産をしようとしても、裁判所が許可しないというリスクがあります。

回避もできるのでやってみても

たとえば、あまり頻繁にクレジットカード現金化はしない、高額なものばかり買わない、同じものばかり買わないなどで回避は可能です。

リスクを知ればやり方や頻度も考えるようになります。ぜひ、リスク対策もしながら、現金化をしていきましょう。

関連する記事