クレジットカード現金化がばれてしまう理由とは

クレジットカードと言えば、買い物やお食事のときに使うものです。つまりはお金が出すだけのものです。ところがクレジットカードでお金も手にすることが可能です。
それが現金化です。これは業者利用もありますが、個人でやるのも大勢の人がやっています。

注意しないといけないのは

個人でやってみて、高い換金率でお金をゲットする人はたくさんいます。時には購入した金額よりも上がるなんてこともあります。
やはりそれを期待して、個人でやるものです。ところがそうした期待とは、裏腹に注意すべきところがあります。

それはクレジットカード会社の利用規約違反による停止です。時には警告されることもありますが、いきなりなんてこともあるようです。ですので、常に頭にいれておくしかありません。

なんでばれるのか

もちろんばれてしまうと、利用停止ともなってしまいます。
その理由としては、現金になるからとたくさん買ってしまうことがあります。やはり同じものをたくさん買うと今では、ばれやすくなります。
また、短期間で何度もクレジットカードを使って購入すると、ばれやすくなります。確かに短期間で買い物ばかりするのも怪しいです。

あと、換金率の高い商品ばかりを買っているとばれやすくなります。クレジットカード会社も現金化にも詳しく、どの商品が換金率が高いかも押さえています。ついついそればかり買うと怪しまれやすくなります。

また、普通は家庭にひとつあればいいものを何個も購入するのもばれやすくなります。たとえば、人気のゲームソフトも10個もとなると、怪しまれやすくなります。

購入するときの数がポイント

やはり現金にしたいからと、たくさん一気に買うかどうかがポイントとなるようです。
あとキャッシング枠が使えないときにショッピング枠を繰り返して使うとばれたりもします。

これらを頭にいれてまずは、少しずつの現金化がよいでしょう。

関連する記事